中医学って?


医学とは、中国固有の伝統医学の事を言います。日本では「漢方」と言った方が一般的だと思いますが、「漢方」という言葉は和製用語で、「蘭方(オランダ医学)」「和方(日本独自の医学)」に対して造られた言葉なのです。
したがって「漢方」も「中医学」も中国伝統医学のことを指し、日本と中国で言い方が違っただけという事になります。
ただし、元は中国で発祥した医学でしたが、それぞれの国において、独自の展開をみせて伝わったために、「日本の漢方」と「現代中医学」とでは考え方に若干の違いが発生しています。


中医学の治療の特徴は、診断によって病気の原因と経過を明らかにし、それに基づいて、治療法と方剤が決まるところにあります。
一方、日本には、中医学を本に作られた漢方医学があります。診断の結果をもとに、古人の経験にしたがって病気のパターン分けをおこない、症状に対応した漢方薬で治療を行うところが中医学と異なる点です。


本漢方は、"傷寒論(しょうかんろん)"を中心とした随証医学で、病態=処方と言う短絡的なものですが、中医学は、八綱弁証、六経弁証、衛気営血弁証、気血弁証・臓腑弁証、病邪弁証、経絡弁証など特有な理論があり、この理論を系統的に、総括統合して構築された一大医学体系であり、この理論をもとに、病因を把握して治療に当たります。日本漢方と中医学では、治療効果にも、格段の差があるのは当然と言えます。


中医学は、人間が不快・苦痛に思ったり変だと感じる「自覚・他覚」の症状をもとに、病気をとらえ、数千年にわたって経験を繰り返し積上げて、自然界の草根木皮を用いた治療体系を形成しました。人間という生き物にとって自然な治療医学であり、ずっと昔に創作された「方剤」が現代でもそのまま有効に働くところからも、病気のとらえ方の正しさが証明されます。


西洋医学は発病物質や臓器の病理変化に依拠した診療医学で、とくに測定値や検査を重視し症状をほぼ度外視する傾向にあると思います。診断・治療の体系が、全く異なる両医学を安易に結びつけ、西洋医学的病名と特定の漢方薬を結び付け、「慢性肝炎には小柴胡湯」といった治療がまかり通っていますが、何らかの誤解が招いた間違いであり、有効なことがあっても、危険性の方が多いと考えられます。


中医学では、「( 本人が訴える症状や、検査や診察によって分かる状態、体格、その人の個人的な特徴を総合的に判断して得られる情報 )」から病気の診断と治療を行います。自覚症状や体に現れた変化、舌・脈の状態などを総合して方剤を選びます。西洋医学によって多くの病気が克服される一方で、成人病や慢性病のように複数の原因が絡み合って起こる治療の難しい病気が増えています。
このような状況の中で、西洋医学とは異なる角度から病気を治療することの出来る中医学が注目されています。


漢方薬に副作用はありません


方薬は人体の偏向是正(偏りを修正)するお薬ですから 弁証施治(体質や病因)を間違えると、買えってかえって調子が悪くなることがあります。 このことを誤治と言います。私達は誤治が起こらないように充分な研究をしています。


現在、保険で使える漢方薬は、おおよそ210処方。病気に対して用いるには、全然足りないのが現状です。したがって相談薬局では、病院でうまくいかないお客様に対してご相談に応じています。


中医学といろいろな症状

男性不妊症は治らない

一昔前には不妊の際に女性が圧倒的に周囲に責められるという偏見が蔓延していましたが、最近では西洋医学的な検査体制が充実してきたせいかどちらに原因が多くあるのかを科学的に検証できるようになってきている。

現在は不妊の原因を男性と女性の比率から統計的には4対6の割合で男性にも原因があるケースが多くなりつつあるようです。

西洋医学的な検査のおかげで男性不妊の原因を明らかに出来たものの男性の本来の体の機能に触ることなく、精子を取り出して卵子と受精させる技術においてはめまぐるしいほどの進歩を遂げているようですが、西洋医学では出来ない中国医学の利点を述べたいと思います。

中国医学では器質的な変化がある(外科的な処置が必要)場合においては、西洋医学にむしろ下駄を預けた方が良いが、器質的変化がなく原因がわからないもの(突発性造精機能障害)、精子の運動率の低下や精子の濃度が低い場合で出来れば自然妊娠を望まれるのであれば中国医学を利用した方が良い結果が出やすいと考えています。

具体的には中国医学では「腎」という臓腑について「物質」と「機能」に分けて考えているのですが、腎という概念が西洋医学のそれよりも広範囲の意味 を指しているために理解しにくく、物質の不足(精子数の不足、精液の量が少ない)、機能の低下(精子 の活動率の低下、勃起しにくい、ホルモン低下より下半身の冷え、夜間尿)に分けて同じホルモン系に使う漢方薬でも使い分けをしています。

物質が不足するのは何もホルモン系だけではなく、食べたものが胃腸の消化吸収能力にも多いに依存しているために胃腸の機能が弱い人の場合にはホルモン系に使うものだけでなく、胃腸の消化吸収能力を上げるものも当然使います。

また胃腸の消化吸収能力は、自律神経にもその働きが連動しているためにイライラしやすかったり、ストレスで体調が優れない状態 があれば、ストレスの感受性を和らげる漢方薬もきちんと揃っていますので体全体の体調を良くする事がすなわちホルモン系(物質の不足や機能低下)に良い影響を与えてくれます。

私達の薬局に来店された方で、 来店当初に精子数約500万、活動率50%、
形態が中程度の方が3ヶ月後に精子数3,000万 、活動率70〜80%、
形態が中〜大へ変化し無事奥さんが妊娠した例があります。

一般的な話になりますが男性に問題がある場合にはほとんどがストレスが原因になっているケースが多く、そのことによって冷たいアルコール類の摂取で精力ダウンしている場合や香辛料系の食べ物をよく食べることによって血液中の水分が少なくなり精液の粘度が上がり精子の活動率が下がっている場合がよく見られます。血液中の水分量が少なくなると人間は非常に感受性が鋭くなってきますのでストレスを感受しやすくなり、短気になりやすくなり酸素の不足が出てくるのでイライラしやすくなり、睡眠時間が減ってくる傾向が見られるようになります。

[住所]
〒204-0022
東京都清瀬市松山1-23-10

[電話番号]
0424-93-0424


[FAX]
0424-93-9399


[営業時間]
10:00〜20:00
※営業時間内に間に合わない場合には、事前にご連絡いただければお客様のご都合に合わせることも可能です


[アクセス]
■西武池袋線清瀬駅南口
ふれあいどおり商店街
徒歩3分


■アクセスマップ

中医学って?お問い合わせ店舗案内アクセスHOME